当サイトの記事の執筆者の保有資格:

 

・HSK中国語水準試験3級
・准看護師免許
・食育指導療養士取得

 

中国語を覚えるメリット

 

中国語を覚えるメリットとして幾つかあります。

 

1:日本人に親しみのある漢字や文章の構成が共通している点が多いので、学習しやすい点。

 

2:日本には毎年多くの中国人が来日しています。多額のお金を日本に支払ってくれてるため中国語を話せる人の需要が大きい点。

 

3:中国は、日本にとっても巨大なマーケティングである点。多くの中国人が億万長者に名を連ねてはいますが、日本にとっても中国人は巨大マーケティングのターゲットになります。中国語ができる人が増えればそれだけ進出できる可能性だって広がります。このマーケティングを見逃すわけにはいきません。

 

4:中国語ができる人が重宝される点。英語は大学などでの専攻や英会話教室などでの取得で十分話せる人が日本では増えていますが、中国語は話せる人が少ないため重宝されています。中国語が話せるとなると注目の的となる可能性があります。大学などでは学べても正しい発音ができる人は非常に少ないと思います。中国語は現地で通用しなければ意味がありません。なので、このような点からも中国語がネイティブに話せる人は非常に重宝されるんです。

 

5:就職や大学などで有利となる点。外国語はどれもがそうだとは思います。今や日本も国際社会となっている中で外国語ができる人は必要となります。ある会社では入社条件として英語が必須のところもありますよね。会社の中では全て「英語」だけ。というところがあるように、中国語ができるというだけで就職に有利になる場合があります。貿易関係や中国との取引のある会社にとっては非常に欲しい人材となります。1つでも自分の得意分野を作るといいと思います。

 

6:仕事上有利になる点。中国との取引で、通訳を介して取引をする場合には、時として騙される事があります。その点、通訳を介さずして話ができる人であれば相手も警戒をしますので逆に有利に仕事を進める事ができる場合があります。日本人は騙されやすいと言われていますが、ネイティブな中国語が話せてコミュニケーションが取れればビジネス上でも優位に立つ事ができます。

 

7:中国の歴史や文化がわかる点。中国と聞くとあまりいい印象がない場合もあるとは思いますが、相手の国の文化や習慣を知る事ができます。日本との違いがどこにあるのか、またタブーとされていることはどんなことなのかを深く知る機会にもなるかもしれません。中国語がわかるようになると相手の国のことも理解しやすくなるのでいいと思います。

 

以上の点から、中国語を覚えるメリットは十分にあると思います。今や国際社会と言われている日本ですが、いろいろな場面で有利になります。1つ自分の武器を持つことは、メリットが大きくなります。

 

 

東大卒、現役通訳が生んだ

独自の中国語マスターテクニックがあります。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

中国語マスターの極意

初心者の為の中国語講座「ネイティブ音声付」

たった1日15分わずか81日間で中国語をマスターした方法

 

 

習得のコツ

中国語は大学でも第2外国語しての習得率が高い語学となっています。日本人は漢字に親しみがあるので、中国語の意味を理解しやすい点があります。私も留学経験はありますが、非常に親しみやすかった外国語です。

 

発音には非常に苦労はしました。「巻き舌」「そり舌」の習得に非常に悪戦苦闘した記憶があります。まずは聞くことができないと話すことができません。現地で通用する中国語を習得するコツは継続すること。

 

語学は手段です。誰かと交流しながら会話を目的として、その手段として勉強をします。そして、ある程度基礎ができれば自分の言葉で思いを相手に伝えることだってできます。まずは、1つの手段も目的を持って習得することが大切です。

 

習得のコツとしては、まずは予習復習も大切です。特に復習をしっかりとして自分の身体に記憶させることが重要。
1:発音の基礎をしっかりと固めること。
2:予習と復習をしっかりと行うこと。
3:可能であれば留学を経験してみること。

 

習得のコツの最大の近道は現地で学ぶことです。現地で学ぶことにより正しい発音を習得することができます。本場の中国語を耳にする事により上達も早くなります。方言はありますが、基本的な事は同じです。基礎さえ出来て通用する中国語を習得さえできればあとは日常で繰り返して言葉を使うだけです。ここで日本語を使ってしまうをせっかく習得したものが意味がなくなってきます。現地では日本語を使わず中国語のみで生活をするといいでしょう。

 

大学では寮生活が留学生は主ですが、寮生活を送る中でどうしても日本人同士が集まって日本語を話してしまう傾向にあります。こうなってしまうと、どうしても習得に支障が出る場合があります。日本人同士で集まったとしても、できるだけ中国語で話をするようにしてみると習得は早いと思います。自分から怖がらずに中国語で話しかけてみたりする事が1番です。もし、発音で相手に通じない場合には、何度でも話しかけたり、書いてみたりすると通じる場合があります。自分の思いや伝えたい事をしっかりと言える為にも基礎を中心に怖がらずに学ぶ姿勢を心がけてみましょう。そうする事により週得するコツがしっかりと掴めると思います。

 

日本語を使わない生活は非常に大変です。しかし、中国語をマスターしたいという思いがあるようであれば乗り越えれると思います。現地で学ぶのと日本で学ぶのとでは、大きな差はありますが自分でどれだけ頑張れるかがキーポイントとなります。予習復習を忘れず基礎をしっかりと固める事により習得する事ができますので、検定試験などを上手に利用しながら自分の武器へとなるように努力してみましょう。一生の宝になるはずです。

 

 

中国語を勉強する方法

中国語は、凄く難しいように思いますが、文法は英語と同じです。ただ、英語のように多少の発音が違っていても意味が通じるというわけではなく中国語の場合はイントネーションの違いで別の意味になってしまう事があります。

 

まず、勉強の1つとしてCDが付いている基本的な発音の教材を購入される事をお勧めします。初めは初心者用で十分だと思います。沢山種類がありますので、自分でよく見て「これかな」と思うものを購入される事が長く続きます。NHKの中国語講座のテキストでもいいですし、本当に初心者向けの基礎から始めるテキストから始めてみましょう。

 

基礎となる発音からまずはCDなどお手本をよく聞いて、声に出してみる事から始めよう。「聞く」「声に出す」この繰り返しが基本となります、何度も繰り返して学習する事により脳裏に焼き付き自然と発音ができるようになります。

 

発音も4声ありますので、1つ1つゆっくりと時間をかけてまずは声に出してみる事です。ある程度慣れてきたら次の段階へステップアップします。中国語を上達させるための学習方法としては、発音を中心に勉強しながら検定を目指して学習するとさらに向上すると思います。検定は「聞く・読む・書く・話す」を基本として総合的な力を身につけていきます。この方法が最短の勉強方法だと思います。

 

そして、現地の人とネイティブに話をしようと考えているようであれば、検定試験を受けていくのは凄く効率的な勉強方法であります。発音中心の勉強にはなりますが、総合的な力をつける意味でも検定を受けるという事は重要な事になります。

 

特に留学などをお考えの方であれば、HSKという検定試験がありますので、そちらの受験をお勧めします。大学によっては3級以上取得が条件となる大学もありますので、最短での中国語取得を目指すのであれば必ず受ける事を目標として学習されるといいでしょう。検定試験を受ける事により、使える中国語の取得が可能となります。

 

ただ、コミュニケーションが取れればいいと思ってる方もいらっしゃるとは思います。ただ、現地の人にでも通用する発音は最低限習得が必要となります。地方によっても言葉は違いますが、標準語の早期取得ときれいな発音を習得する意味でも重要な事になります。このように検定試験を上手に利用しながら習得される事が最善の道だとは思います。焦らずにゆっくりと繰り返して学習して習得される事をお勧めします。

 

 

東大卒、現役通訳が生んだ

独自の中国語マスターテクニックがあります。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

中国語マスターの極意

初心者の為の中国語講座「ネイティブ音声付」

たった1日15分わずか81日間で中国語をマスターした方法

 

 

中国語をマスターする方法

日本人である私たちは、まず漢字の知識があります。高校を卒業するまでに「中国語の8割」程度の漢字は学習していると言われています。

 

中国語をマスターしようと思った時、まずは基本となる発音の練習を中心として習得する必要があります。そして、中国語検定など試験を受ける事を目標として学習するとよりマスターへの近道と言えると思います。
検定では、「書く・読む・聞く」この3本を柱として「話す」という事がプラスされます。そして、総合的な力を身につけていくのです。まず、日本だけでなく最も重要なのは現地でどれだけ通用するかという事がキーポイントとなります。日本語のように多少のイントネーションを間違えても意味が通じるわけではなく、中国語は発音を間違えるととんでもない事になる場合があります。これらを回避するためにも、まずは発音の基礎をしっかりと習得することが最優先となります。

 

現地でもしっかりと通用する中国語を習得するためには検定試験などを上手に利用しながら知識や技術を身につけることが1番だと思います。大学によっては、HSK3級以上を条件としてる大学もあるので中国政府が認可している検定試験を受けられることをお勧めします。これは、世界で試験会場があります。もちろん日本でも幾つかの都道府県で行っているので、検定試験を目標として学習されるといいでしょう。ただ、発音の練習を怠ると試験とはいえ意味がわからなくなったりするので後々後悔する事となります。基礎となる発音練習を中心に文法なども並行して学ぶといいと思います。

 

できるだけ「使える中国語」「通じる中国語」を習得しなければ意味がありません。しっかりとマスターするためには基礎を中心に学習しながら文法も学んでいく必要があります。基礎さえしっかりとできていれば後は繰り返して学習する事で必ず身につきます。1つ身につけば、ボキャブラリーも徐々に増えてきますのであとは自分の努力次第というところだと思います。検定試験にも随時合格する事により、しっかりとした中国語能力を身につける事ができ自分の武器ともなります。

 

発音の基礎は土台となり、挨拶や文法、簡単なフレーズなど学ぶようにするといいでしょう。発音の基礎をしっかりと習得できる目安として、毎日繰り返して行うと仮定すると2ヶ月〜3ヶ月はかかると思います。この期間が1番苦労はするとは思いますが、自分を信じでマスターしてもらいたいと思います。

 

 

中国語の発音のコツ

中国語の発音には、有気音と無気音の2種類があります。この有気音と無気音は基礎となる発音の原則となります。初めは凄く難しいと言われてはいますが、慣れてくるとできるようになります。まずは繰り返して何度も発音の練習を繰り返して覚えることが大切です。イントネーションの難しさもありますが、まずは基本的な発音をマスターすることを最大の目標として練習を繰り返します。今は、本屋さんでも初心者向けの教材を販売しているので簡単なものからマスターしていくといいと思います。

 

基本的には「聞くこと」「話すこと」が基本2大柱にはなりますが、聞くということを重要視します。耳から聞いて覚えてそれを真似てみる。これを繰り返します。耳から入ってきてその正しい発音を聞き取れるようになると自然に発音ができるようになる場合があります。日本語でいうルビーというものが中国語でいうと?音にあたります。具体的に発音の中身で、特に日本人が苦手とする発音があります。「そり舌」と言って、巻き舌と言われる発音があります。「ch」「zh」「sh」「r」の4つありますが、うまく発音しないと別の単語と認識され、場合によっては怒られたり失笑されたりする場合があります。

 

漢字を使う意味では、日本の漢字と似ているところが多いので理解はしやすいという点はあります。その一方で発音の高さが変わってしまうと意味合いが変わることがある。4つの基本の発音の上がり下がりを意識して発音の練習をする。

 

1:1声は一番高いところで自分で発音をしてみる
2:2声は3声から一気に1声まで上げてみる
3:3声は1番低いところで自分で発音をしてみる
4:4声は高いところから一気に下げて発音してみる

 

この4つの基本をまずはマスターすることができれば、正しい発音をマスターできます。

 

まずは、何度も繰り返して聞くことが大切です。まずは耳から聞くことを意識して繰り返して聞く。次に実際に声に出して発音してみる。外国語を取得する際の基本的なこととして、何度も繰り返して聞いて実際に口に出して発音してみる。この繰り返ししかないと思います。英語も同じです。私たちが日本語を話せるのは、毎日日本語という言葉を耳から聞いて自分で発音をするから喋れるようになります。原理は全て同じです。母国語以外の取得時には、まずはこの基本ができない事には前に進む事はありません。何度も繰り返して耳で聞いて覚える事。これ以外に発音を上手にするためには、この方法以外にはありません。

 

 

東大卒、現役通訳が生んだ

独自の中国語マスターテクニックがあります。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

中国語マスターの極意

初心者の為の中国語講座「ネイティブ音声付」

たった1日15分わずか81日間で中国語をマスターした方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 
更新履歴